株式会社西河マネジメントセンターは補助金申請から、コンサルタント・人材育成までお客様の企業に貢献します
TEL:075-957-1487

新サービス「補助金助成金財務部長」2023年8月リリース予定

補助金助成金財務部長とは

弊社が外部の財務部長として補助金助成金」を軸に経営計画書を策定し、コンサルティングしていくサービスです。

商品・マーケティングを入れた経営計画を「ヒト・モノ・金」の面から組み立て、短期・中期・長期で組み立てフォローしていきます。

通常、補助金助成金はスポット的に検討していて、財務計画に入れている企業は少ないですが、融資(デッドファイナンス)、資本計画(エクイティファイナンス)に、第三の資金として補助金助成金を組み込んだ経営計画を行うことで、スムーズで安定的な経営を支えます。

具体的なコンサル内容

コンサル業務内容
初月 第1週 会社概要・業務の洗い出し、必要資料の提出依頼
第2週 業務分析:SWOT分析、SWOTクロス分析(補助金申請で必須)
3C分析
第3週 第2週で分析が終わらなければ継続
ファイブウエイポジショニング(戦略的分析)
第4週 目標設定(必要に応じてフューチャーマッピングを実施)
2か月目 第1週 経営計画策定:強みを生かして商品構成・マーケティングを考え、売上・利益計画
それに対する人の配置、設備計画、補助金助成金の活用プラン、資金調達を盛り込む
ひとまずは、短期(1年)・中期(5年)計画
第2週 経営計画策定と具体的アクションプラン
・人員の採用と教育
・具体的な設備導入予定(入れ替え含む)
・土地建物の増設、営業所新設など不動産関係
・M&Aによる拡大
3か月目以降 経営計画の運用、補助金助成金の実施、資金調達のサポート、アクションプラン実施
その他、社長の壁打ち相手、コンサルメニュー提案・研修サポートなど追加提案

SWOT分析例(事業再構築採択実例から)

助けになる妨げになる
内部要因 (自社によるもの)【強み 】
資材と工具の両方に強い ・財務面で補強されたため大ロット仕入が可能となり価格面で競争できるようになった ・主力加工品を2023年から製造出来るようになる
【弱み】
主力加工品を作れない状態だったので知名度やブランド力が低い ・板金コイルの切断を1枚ずつカウンターにて手入力する必要がある
外部要因 (環境によるもの)【機会】
屋根外壁は必ず痛むものであり、取り換え需要は無くならない ・競合他社の立地地域が遠い(市内では当社1社しか板金を扱っていないので、素早い対応が出来る) ・屋根への手上げ作業は、競合他社は柏崎市内では行わない
【脅威 】
競合他社の規模が大きく、財務力が高いことから価格競争面などで脅威がある ・新潟県全体としての人口は減りつつあり、新築リフォームともに少しずつではあるが需要が減る傾向にある
助けになる
【強み 】内部要因 (自社によるもの)
資材と工具の両方に強い ・財務面で補強されたため大ロット仕入が可能となり価格面で競争できるようになった ・主力加工品を2023年から製造出来るようになる
【機会】外部要因 (環境によるもの)
屋根外壁は必ず痛むものであり、取り換え需要は無くならない ・競合他社の立地地域が遠い(市内では当社1社しか板金を扱っていないので、素早い対応が出来る) ・屋根への手上げ作業は、競合他社は柏崎市内では行わない
妨げになる
【弱み】内部要因 (自社によるもの)
主力加工品を作れない状態だったので知名度やブランド力が低い ・板金コイルの切断を1枚ずつカウンターにて手入力する必要がある
【脅威 】外部要因 (環境によるもの)
競合他社の規模が大きく、財務力が高いことから価格競争面などで脅威がある ・新潟県全体としての人口は減りつつあり、新築リフォームともに少しずつではあるが需要が減る傾向にある

サービスの詳細とお問い合わせはこちらから